2007年02月26日

続・遠い記憶へ(心の故郷・岡部廻沢編)

岡部廻沢・沿道モノ

人々の記憶から忘れ去られてしまったような

  そこへ行かない限り知る事のない暮らしがそこにある

    まるでタイムスリップして過去へ放り出されたみたい

        ここへ訪れるとそんな気持ちでいっぱいになる

後に9枚掲載してあります・・・・

(2)
岡部廻沢・沿道B




(3)
岡部廻沢・沿道C




(4)
岡部廻沢・民家




(5)
岡部廻沢・民家Bモノ




(6)
岡部廻沢・廃屋モノ




(7)
岡部廻沢・民家と川辺





(8)
岡部廻沢・民家と川辺Bモノ




(9)
岡部廻沢・民家入り口モノ



そしておまけ(^^;;
カラーでもお見せしたくて^^
(10)
岡部廻沢・民家カラー

地図はこちら^^v


コメント
ここは静岡県志太郡岡部町廻沢(めぐりさわ)と言う場所です。
今や岡部町は役場近くにて町興しなのか旧東海道の家並み建設で
若干テーマパークと化されています^^
とは言うものの私的に言うならば似非的でどうも(^^;;
そんな時流になる事無くひっそりと忘れ去られたような景観が
廻沢にはあります^^

国道1号線宇津ノ谷トンネル手前を右に取りそこから約1kmで
その集落に辿り着きます、その沿道に沿って家並みがあり
どれもタイムスリップしたかのような風景にしばし静観^^
そして心静かに落ち着ける感じがしました。

そのままその道を更に行くと花沢の里へ出られますから
いろんな意味で題材がありそうです^^v

今回も若干セピア調にしました(^^;;
セピアと言っても赤茶けたセピアって色あせた写真と
どうも違うような気がしまして少し緑と青に振っています^^
まるで古いアルバムから取り出した写真のようにと(^^;;

タグ:心の故郷
posted by @ひろちゃん at 23:55| 静岡 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | モノクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろんな写真を観ると
楽しくワクワクしてきます。
あ〜写真て本当にいいですね〜(^^♪
仕事も何もかも忘れて
綺麗な、写真を撮るがための時間て
なんて贅沢なんでしょう
でも、綺麗、感動に気が付かない人生なんて
つまらないですかね〜
おおらかに・・・そんな毎日だったらいいな〜
Posted by corlumbou at 2007年02月27日 19:02
独特の@ひろちゃんワールド確立ですね。^^
何度も行ったり来たりして見たくなるって、
素晴らしいことだと思います。
日本人の郷愁なんでしょうね〜。^^
Posted by 雅陽 at 2007年02月27日 22:31
>corlumbouさん、こんばんわ^^

そう〜そのワクワクって右脳使うから大切ですよ〜〜^^
作画や創造って普段使う左脳よりも脳活性化に右脳を使うの^^
仕事もアイデアは創造ですから楽しみながらやってます(^^;;
そう言う贅沢はいいと思いますよ〜〜^^
自分で感動しなければ他人はもっと感動してくれませんよね^^
その感動に出会う時を大切にしたいと思います^^

どうもありがとうございました^^v

Posted by @ひろちゃん at 2007年02月28日 00:35
>雅陽さん、こんばんわ^^

そう言う言葉で頂くと嬉しいを通り越して
感激となりますねぇ〜〜^^
自分の過去を振り返る懐かしさではなく
現実に目を向ければどうなのか?の問いみたいなものかなぁ(^^;;
勿論矛盾の方が多い世の中ですけどねぇ^^

そんな在り方みたいなものを追っかけているのかも(^^;;

どうもありがとうございました^^v
Posted by @ひろちゃん at 2007年02月28日 00:45
こんにちは!

@ひろちゃん^^の田舎の風景、とても好きです!
いつも「こんな所で子供を育てたい」と思っていたのとピッタリ合うんです。
ただ、現実的にはなかなか思ったようになりませんね。
だから、いつも写真を見せて頂いて想像を膨らませています。

8枚目の家が良いですね〜。
川を渡って家に入るのが私の長年の夢です。^^
Posted by てっぴ at 2007年02月28日 17:47
>てっぴさん、こんばんわ^^

観光名所的な田舎風景と心の故郷とは一応考えを分けています(^^;;
暮らして見たいとの事!ん〜〜いいですねぇ^^
実際はそう簡単ではないけれど一度暮らしてしまえば
知識よりも字引できな感じか?生きて行く知恵の方が
必要とするかもしれません^^
実際私の暮らしはその半分がそんな感じです(^^;;
何事も当たり前になってしまってますので
不便とかと思ったりする事はあまりないですねぇ(^^;;

8枚目ありがとうございます^^
理想との事、それは素晴らしいです^^
イメージ的にここを撮影する時40年前の少年達がその当時の
野球のユニホームで枯れた木バットに色褪せたグローブを柄に通し
肩に担いで出かける1シーンを思い浮かべました(^^;;
傍らでは鶏が鳴いていたりとね^^

どうもありがとうございました^^v

Posted by @ひろちゃん at 2007年02月28日 22:02
このあたりは日本坂峠の入口にある小坂といい、花沢の里といい、良き田舎の風景が素晴らしいですね。廻沢も上記の二つに負けず劣らず素晴らしい場所です。かつては小浜で取れた魚を駿府まで運ぶ道の中継地として機能していたらしく、家の作りもしっかりしています。魚を運んだ街道の峠であった鞍掛峠はMTB愛好家に人気の場所になってます。
Posted by たいがあ at 2012年10月23日 08:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34767503

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。